増え続けるネットワークシステムの大容量化を、低コスト・低消費電力で実現することを目標とした次世代移動通信システムのことです。通信速度は最大20Gbps(ギガビット毎秒)という大容量高速通信を可能にしていて、それまでの4Gと比べると約10倍となります。高速で大容量の通信が可能になることで、膨大な情報量を扱う自動運転車の情報処理能力を大幅に高められるなど、安全面でも大きな影響が期待できます。