自動運転 ジャパンタクシー

愛知県は全国に先駆けて、2016年度から自動運転の実証実験を実施し、遠隔監視等の自動走行の技術に加え、5G回線、AR(拡張現実)等を掛け合わせ、自動運転によるビジネスモデルの構築に力を入れてきました。

2021年度の自動運転実証実験の内容が発表されました。これまでの取組をさらに推し進め、交通事業者等が実際の運行で、再現かつ持続可能なビジネスモデルの構築を目指して、3地域・3モデル類型で実証実験を行うものとしています。3つの概要を整理すると下記となります。

[ショーケース=中部国際空港島]

公道と空港制限エリアにおいて、一カ所からの一元的な遠隔監視を行って、2台の自動運転バスを早朝および深夜に同時運行させます。遠隔監視においてAIを活用した映像解析を利用。路側センサー、信号協調による路車間協調や磁気マーカーを活用したものになります。

  • 使用車両=日野自動車の小型バス「ポンチョ」をベースとした自動運転車両
  • 事業実施体制=NTTドコモを幹事会社として6社で実施

[集客施設=モリコロパーク(愛・地球博記念公園)]

リニモの駅から園内目的地までを自動運転車でつなぐことで、シームレスな移動の実現を目指すだけでなく、運行管制システムにより、利用需要に応じて、複数の走行ルート、運行ダイヤ、配車台数を自動設定して運行したり、県交通対策課のMaaS実証実験とも連携します。

  • 使用車両=トヨタの「ジャパンタクシー」をベースとした自動運転車両と、運行管理システム検証用に3台のカート
  • 事業実施体制=NTTドコモを幹事会社として6社で実施

[都心=名古屋市内鶴舞周辺]

都心の幹線道路を含むルートで、約3カ月間の自動運転車両の運行を行って、都心での自動運転技術を用い、将来的には名古屋駅と鶴舞を自動運転で結ぶモビリティサービスにつなげたいとしています。

  • 使用車両=フランス・ナビヤ社製自動運転用電気自動車「アルマ」
  • 事業実施体制= WILLERを幹事会社として6社・1大学で実施

上記の他、、PwCコンサルティングによるビジネスモデル調査も行われ、実証実験を行う各ルートでのビジネスモデル調査として、(1)安全性・リスクの分析、(2)事業性の分析、(3)社会的受容性の分析、(4)法的課題の分析、(5)実装に向けたロードマップの作成も行うとのことです。

詳しくは https://www.pref.aichi.jp/soshiki/jisedai/jidounten-jisshi-2021.html