ANAホールディングス(以下ANAHD)とエアロネクストは、ANAHDのエアラインならびにドローンオペレーターとしての機体運航に関する知見と、エアロネクストの産業用ドローンの基本性能を向上させる機体構造設計技術を融合し、物流ドローン(レベル4)の共同開発に向けた業務提携をスタートすると5月20日発表しました。

両社によって開発された機体をベースに、国内外のドローンメーカーとも連携して量産化、将来的な輸送インフラの一部として社会普及を目指すとしています。

ANAHDはドローンオペレーターとして、福岡市や五島市にて無人地帯での補助者なし目視外飛行(レベル3)による実証実験を行うなど、ドローン物流サービスの事業化に向けた検証を継続して実施しています。

飛行部と荷物搭載部分を分離した分離結合型の機体構造により、荷物をつねに水平に保つことができる技術などを採用

いっぽうエアロネクストは、物流用ドローン機体の開発に力を入れており、飛行部と荷物搭載部分を分離した分離結合型の機体構造により、荷物を常に水平に保ち、重心位置を考慮した技術を有しています。

両社は、2020年度内に共同開発した物流ドローンによる実証実験を開始し、2022年度の「空の産業革命 レベル4」解禁に向けて量産化、社会実装を視野に入れています。地域課題を解決する新たなインフラとして、ドローン物流にも注目です。