手動運転とペダルによる運転を選択できる、自由な移動をサポートする新たな選択肢がMX-30 Self-empowerment Driving Vehicle(セルフ エンパワーメント ドライビング ビークル)です。運転システムに手動運転装置を搭載し、手動運転とペダルによる運転操作の選択が簡単に行え、足の不自由な方が運転したり、友人や家族と運転を交代しながらドライブを楽しむことができます。

運転システムは、手で直感的に加減速を行う「アクセルリング」と、「レバーブレーキ」を採用しています。加速時は、運転しやすく、素早く慣れることができるよう操作意図に応じた滑らかな挙動の実現を目指したといいます。 減速時は、力を発揮しやすい軌道にレバーを配置するとともに、ブレーキサポートボードを支点に、肘から先での細かなブレーキ操作を実現。手での手動運転と、従来の足でのペダル運転操作の選択が簡単に行えます。

清水和夫(SIP cafeマスター)が、開発者に解説、レクチャーいただきながら、実際に試乗してみました。

MX-30 Self-empowerment Driving Vehicleは、ユーザー個々の状況に合わせてどこからでもご相談できるよう、オンラインのみでの商品説明・商談対応となっています。

●MX-30 Self-empowerment Driving Vehicleサイト https://www.mazda.co.jp/cars/mx-30/grade/sedv/

●オンライン商談サイト https://www.mazda.co.jp/cars/mx-30/grade/sedv/online-meeting/